しかしMPがたりない公式ブログは移転しました


ゲーム音楽吹奏楽団「しかしMPがたりない」のブログは新ホームページ開設に伴い2017年8月1日から移転しています。

新しいホームページはhttp://lackofmp.webcrow.jp/です。
これからも「しかしMPがたりない」をよろしくお願いします。

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血と汗となみだを流せ!

2017年05月07日
こんにちは!実は5年ぶりくらいのブログな気がする、総務のそのこです!

お客様の中に「ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~」をご覧になった方はいらっしゃいますか!!
本日が千穐楽ですね!行きたかった…遠い…

なんと、しかしMPがたりないの第8回演奏会では、その激アツなロマサガ3より、

 四魔貴族バトル1
 四魔貴族バトル2

を演奏することが決定しております!!
いやー、定めには逆らえないですねー!
四魔貴族バトル1,2は、どちらもゲーム音楽好きなら1度は聴いたことがある曲だと思います。アレンジもたくさんありますね!
特に2は伊藤賢治氏が初めてエレキギターをBGMに使った!さらにSFCなのにイントロ1分!というとんでもBGMです!
ロマンシングサガ3は1995年発売のゲームなのですが、22年前にこの曲が出来てたっていうのがまず驚きですよ…

さてさて、それでは、少しロマサガ3の魅力を語りたいと思います!

ロマサガといえば何よりも自由度の高いシナリオが持ち味ですが、3は1,2と比べて主人公たち(10代から30代まで男女8人)の物語を深く掘り下げていて、ロマサガシリーズ特有の「何やっていいかわからない!」が解消された感があります。(賛否あります)
敷居が高いといわれるサガ系で、一番とっつきやすいかな?と個人的には思う作品です。

また、主人公が8人いる本作はどうしても周回が必要になりますよね!
飽きません!!!全く飽きません。
サブイベとミニゲームがめちゃくちゃ面白いんです!
大枠は人間の生に関わるシリアスなシナリオなのですが、笑えるポイントや本編と外れたところまで本当に豊かなゲームです。
マスコンバット、やりますよね笑

さらに!95年といえばドット絵の円熟期。ドットのゲームが好きなら一度は四魔貴族に会ってください!画面いっぱいの敵クリーチャーの迫力と美しさに度肝を抜かれるはずです…
これとFFⅥは双璧ですね…
シンプルな左右対面の戦闘画面なのに、BGMとドットの美しさで感動します…

四魔貴族は本作の世界と別の空間におり、舞台となる世界に自らの幻影を送り込み支配をたくらんでいるのですが、本当に怖いんです。そしてかっこいいんです。

年の離れた兄が遊んでいるのを横で見ていた当時5,6歳の私は、「魔龍公 ビューネイ」との戦闘を「また見たい!!」と大騒ぎしました笑
今では、そう、MPの美術班でクリーチャーの絵とドットをかいています!

さあ、ロマサガ3の魅力に取りつかれて、ぜひゲームもやりませんか!
今はバーチャルコンソールでできるんですって奥さん!
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。