しかしMPがたりない 公式ブログへ ようこそ!

『MPのない音楽会Ⅶ 好敵手(ライバルズ)』
2017.1.29をもちまして完売いたしました
沢山のご来場、まことにありがとうございました

*完売のお知らせとクリア特典について→コチラ

次回作「MPのない音楽会Ⅷ」来冬発売予定
曲目:マリオカート8メドレー ほか
詳細は続報をお待ち下さい・・・

さいしょから
せつめいをよむ >「MP」のあらすじ >登場キャラクター

おぷしょん
ニコニコミュニティ >facebook
えむぴオリジナルカードゲーム >なかまになる

タイトルがめんへもどる
「しかしMPがたりない」のHP

本番前日のチーフの苦悩

2017年01月28日
いよいよ明日は演奏会ですね!企画チーフのバンバンです。
そんな私は今非常に悩んでおります。というのも、ブログのネタがない……

皆さんはここ数日のブログを見ていただけているでしょうか?
やばくね?伝えたいことほぼ言ってくれてるじゃん……


もう何度も聞いていることかもしれませんがまた言いますね。
今回の演奏会は過去最高の演奏会になること間違いなし!とにかくすごいです!!
これ以上言うとネタバレになっちゃうので、なにがすごいのかは会場に足を運んでその目で確かめてください!
会場は東北大学百周年記念会館 川内萩ホール。時間は16:30開場 17:00開演です!


このままだととても短い記事になってしまうので、ここからは私が思うしかしMPがたりないの強みと、楽器を演奏できない私がゲーム音楽の楽団である「しかしMPがたりない」で実現したいことについて大真面目に語ろうかなと思います。興味のある人は読んでもらえると幸いです。

「芸術」と聞くと何を思い浮かべるでしょうか?
音楽?美術?舞台?文芸?
一口に芸術と言っても様々な表現の形があると思います。

しかしMPがたりないの演奏会って、色々な芸術が合体してるんですよね。
音楽はもちろん、スクリーンに表示されるイラストや、演出での演劇、パンフレットの文章などなど。
どの要素が抜けてもMPの演奏会にはならないと思っています。(個人の見解です)

好きなゲーム、好きな音楽のジャンルは違えど、自分たちのゲーム愛を全力で表現する人の集まりがしかしMPがたりないであり、そこがしかしMPがたりないの強みだと思っています。(繰り返しになりますが個人の見解です)
「自分たちのゲーム愛」というのが大切で、「何を」表現するかを考えた時にMPが表現しようとするものはかなり個性的で渋い。大きな強みです。


そして私がしかしMPがたりないで実現したいことですが、観客とゲームを繋ぎたいです。
よく意味が分からないと思うので解説します。

芸術には、表現者(作り手)がいて、鑑賞者(受け手)がいます。
自分たちが表現したものを観てもらうのは大前提ですが、それを受けて鑑賞者が何か一つでもアクションを起こしてくれたら表現者として大成功だと思います。

明日の演奏会を観た後に起こせる一番簡単なアクションは演奏会の感想をブログなりツイッターなりで発信することです。
みなさんの感想お待ちしております。

ただ、私が最も嬉しいアクションは、演奏会をきっかけにゲームを実際にプレイしてもらうことです。
明日はたくさんの曲を演奏します。
MPの演奏を聴いて、「この曲いいなあ、やってみよう」とか、「このゲーム懐かしいなあ、久しぶりにやってみようかな」とか思ってもらいたいです。

ゲーム好きの表現者として、明日来てくださるお客様ゲーム繋がるきっかけを作れればなと思っています。

だらだらと書いてしまったので伝わったのかどうかよくわかりませんが、ブログを書き終えたので悩みがなくなりました。

とりあえず明日は過去最高の演奏会を楽しんでもらえればと思います。
私も全力で楽しみます!
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示