しかしMPがたりない 公式ブログへ ようこそ!

『MPのない音楽会Ⅶ 好敵手(ライバルズ)』
2017.1.29をもちまして完売いたしました
沢山のご来場、まことにありがとうございました
*完売のお知らせとクリア特典について→コチラ

次回作「MPのない音楽会Ⅷ(仮)」来冬発売予定
曲目:マリオカート8メドレー ほか
詳細は続報をお待ち下さい・・・

さいしょから
せつめいをよむ >「MP」のあらすじ >登場キャラクター

おぷしょん
ニコニコミュニティ >facebook
えむぴオリジナルカードゲーム >なかまになる

タイトルがめんへもどる
「しかしMPがたりない」のHP

ヘイ!リッスン!

2014年12月26日
みなさんこんばんは。
私はロウラルの王女ヒルダ...では無くサックスパートのむすかです。
昨日はクリスマスでしたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。


突然ですが、クリスマスの翌日12月26日は何の日でしょう?


...そこのアナタ!正解!
12月26日は「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」の発売日でした!

そうです!今日で神トラ2は1周年を迎えます!

懐かしいですね。
当時の私はバイト終わりに速攻でGE○に走り
予約済みの神トラ2パックを入手して...

DL勢の阿鼻叫喚を尻目に悠々とプレイしておりました。増田ァ!

というわけで、本日のブログは「神々のトライフォース2メドレー」についてです。
(本当は先々週の練習日記を書く予定でしたが日が押してしまいましたのでご勘弁を)
さて、今年はシリーズ初のキャラゲー「ゼルダ無双」発売
「マリオカート」にリンクが初参戦WiiU新作発表と、
とにかくゼルダがアツい!年でありました。

このタイミングでゼルダを演奏するってのはなんともしてやったり感ありますが、
これはもちろん狙いすましてやった事、では無いのです... 偶然です...



今更になりますがゲームについて解説しましょう。

「ゼルダの伝説」とは、任天堂より発売されているアクションRPG
(公式では"アクションアドベンチャー")のシリーズです。
1986年の第一作目から現在まで28年間に渡り新作が制作され続けており
派生作品も含めるとタイトル数は約20本ほどになります。

勇者リンクが魔王ガノンから囚われのゼルダ姫を救い出し世界を守る、
と言うのがストーリーの根幹ですが、タイトルごとに時代や設定が
少しずつ異なっているのも特徴です。

今回演奏する「神々のトライフォース2」(以下「神トラ2」)は
1991年にSFCで発売された「神々のトライフォース」(以下「神トラ1」)の続編です。

前作、神トラ1はシリーズ第3作目に当たり、
その後のシリーズの方向性を決定づけた作品でもあります。

謎解き中心のゲーム性、どこまでも探索できる広いフィールド、近世ファンタジー風の世界
王道のストーリー、その割に変なキャラばっかり出てくる、などなど。

音楽においても「ゼルダの子守歌」や「ハイラル城」、「カカリコ村」など
以降の作品にも度々登場する楽曲が制作されております。

まさしくゼルダのスタンダードと言える作品でしょう!

そして神トラ2は、前作のフィールドマップとシナリオの大筋はそのままに
高低差を生かした仕掛けや、壁画化と言った3D的な要素を取り入れ
前作により深みを持たせて、新たに生まれ変わった作品であります。

続編というよりはシステムとストーリーを一新した
リメイク作品と言った方が近いかもしれませんね。

音楽もアレンジ曲がほとんどなのですが、
前作プレイヤーの期待をいい意味で裏切る絶妙なアレンジが話題になりました。




「しかしMPがたりない」ではこれまでに、第一回・第二回の演奏会で
「メインテーマ(表の地上)」を「任天堂メドレー」の一曲として演奏してきましたが、
それ以降ゼルダの楽曲は演奏されませんでした。

演奏してほしい曲アンケートではよく名前が上がっていたのですが...

というわけで、今回の神トラ2メドレーは
えむぴにとって3年ぶりのゼルダ曲かつ初めてのゼルダメドレーとなります。

曲目も、やはりスタンダードなゼルダ作品だけあって
神トラ2を遊んでいない人でも聴いたことがある楽曲が多めになっております。

もちろん新曲もありますヨ!




編曲は当団の重鎮、まっちさんです。

オケ曲が中心のゼルダと言えば華やかな金管のメロディですが、
やはり曲の根幹を支えているのはストリングスのハーモニー。

吹奏楽で言えば木管や中音楽器の担当になります。

これを任せるならまっちさん!
その理由はこちらの「朱紅い雫メドレー」を聴いて頂ければお分かり頂けるでしょう!



第二回演奏会からの久々の復帰にもかかわらず
快く引き受けてくださいました。ありがとうございます。

長編メドレーですので編曲もなかなか大変だったようです。

先々週ようやく最終章が追加され
12/7 「神々のトライフォース2メドレー」完成、となりました!!




演奏者からは「えむぴでは珍しい吹奏楽らしい楽譜」との感想が多いのですが、

一方で音楽監督からは、
「ごり押しが出来ない」「誤魔化しの効かない難しさ」とコメントがありました。

ゲーム的に言えば
「レベルを上げて物理で殴るだけでは倒せないボス」
といった感じでしょうか...?

ダンジョン攻略にも戦闘にも「謎解き」が必要不可欠で
ごり押しでは絶対にクリアできない、ゼルダのゲーム性に通じるものがありますね。




えむぴによる「神々のトライフォース2メドレー」がどのような仕上がりになるのかは
ぜひ演奏会会場にてお確かめください!

私も期待で鼻水が止まりません(風邪気味)




P.S
今回私は取扱説明書(もといパンフレット)の編集に携わりました。

一応みなさん今作のテーマ「ミステリー」を意識してくれたのか、
これまた偶然なのかは分かりませんが
謎解き要素がちょいちょい登場する内容になりました。

演奏会の合間にぜひ挑戦してみてくださいネ!
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示