しかしMPがたりない 公式ブログへ ようこそ!

『MPのない音楽会Ⅶ 好敵手(ライバルズ)』
2017.1.29をもちまして完売いたしました
沢山のご来場、まことにありがとうございました
*完売のお知らせとクリア特典について→コチラ

次回作「MPのない音楽会Ⅷ(仮)」来冬発売予定
曲目:マリオカート8メドレー ほか
詳細は続報をお待ち下さい・・・

さいしょから
せつめいをよむ >「MP」のあらすじ >登場キャラクター

おぷしょん
ニコニコミュニティ >facebook
えむぴオリジナルカードゲーム >なかまになる

タイトルがめんへもどる
「しかしMPがたりない」のHP

我々然として

2013年11月29日
どうも、職場の飲みで胃腸を砕かれた敗北者、せんむです。

先程職場にて団員プロフィール鑑賞会を行われ瀕死です。

上司マンが地味にブログ読んでたりして瀕死です。




さて、来たる日曜日演奏会ですね。




個人的にこのバンドをやっていて常に心に留めている言葉があります。某様付系パイセンの言葉であります。



要約して言えば

「その時々のMPの全力を目指す」

といったもの。




その際は編曲関連の話をしていた気がしますが、その時いるメンバー、楽器でのMAX値を、と。

指揮者たるどっきーも以前似たようなことを言っていました。それぞれの奏者のMAX値を、と。



これは単に演奏の部分だけにとどまらず、団全体の活動として、バンドのあり方としてもそうあれたらいいなと。



MAXなんていうと、それは大変な訳です。ぜーはーぜーはー言って走る訳ですから。でもなんで箱根駅伝でアツくなるかって言ったら、走ってるからだと思うんです。スクーターでウィーンしてたら、アツくないと思うんですよ。




つまり、そうあれば、その熱量は必ず自分たちを燃やしてくれるし、自然と飛び出てくると思うのです。



ジャズフェス時のナドゥの「ざまあみろ!」は、まさにこれです。ロックです。




ゲームが好きだったり、ゲーム音楽がすきだったり、楽器が好きだったり、吹奏楽が好きだったり、このバンドが好きだったり、様々な輩が居るバンドですが、一同この演奏会で我々というバンドを「叩き込む」という意識は変わらないものだと思います。

個人的には渦中にいながらその熱量で燃え上がっております。




というわけで酔っ払いの個人的な思考のブログで申し訳ありません。お客さん向けのとても面白いブログを書いている他団員に申し訳ないところでありますが、







皆さん

ぶちかまして、叩き込みますので、是非ぶちかまされに来てください。

一緒に楽しみましょう。





せんむ
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示